合法的に速い電動アシスト自転車を選ぶ方法を考えてみる 「速い電動アシスト自転車の定義について」

スポンサーリンク

合法的に速い電動アシスト自転車を選ぶ方法を考えてみる 「速い電動アシスト自転車の定義について」電動アシスト自転車を買う時、どの電動アシスト自転車が一番速いのか疑問に思う人はいるだろう。電動アシスト自転車の法律での規定は、10km/hから24km/hまで徐々にアシストの比率が下がり、24km/hで電動アシストの補助はなくなるようになっている。そのため単純な数値で見た場合、どの電動アシスト自転車もスピードは変わらないと言われているのが一般的だ。

だが、アシスト補助の法律だけでスピードが同じと考えるのは、些か乱暴ではないかと思う。電動アシスト自転車のアシストは補助の味付けが違い、同じブランドでもアシストレベルが違うモデルが存在する。そこで合法的に速い電動アシスト自転車の選び方を考えたい。合法的に速い電動アシスト自転車を選ぶ方法の1回目は、合法的に速い電動アシスト自転車の定義についてだ。

速い電動アシスト自転車とはどういう意味か

一般的に速い乗り物を想像すると、最高速度が速いのをイメージとして上げると思う。ただ、速い乗り物といっても様々なタイプがある。自動車だと短距離の直線限定のドラッグカーや、整備されたコースを走るF1カー、荒れた道を走るラリーカーなど様々な速い自動車が存在する。

電動アシスト自転車で速いモデルを選ぶ場合、個人的には2つの速さが存在すると考えている。1つはスタートダッシュが速い電動アシスト自転車、そしてもう1つは高速域が速い電動アシスト自転車の2つだ。

スタートダッシュが速い電動アシスト自転車について

日本の電動アシスト自転車の法律では、時速10キロメートルまでは最大1(人力)対2(電動)のアシストをかけて良い。ここで注意するのは実際のアシストパワーは最大まで設定しているわけではないということだ。

スタートダッシュが速い電動アシスト自転車を選ぶのは比較的簡単で、ヤマハ・パナソニックの電動アシスト自転車の中で、一番アシストレベルが高いモデルを選ぶのがベストだ。これらのアシストレベルが一番高い電動アシスト自転車は、重い荷物を積む業務用モデルに採用されているアシストユニットを装備している。スタートダッシュが速い電動アシスト自転車が向いているのは重い荷物を積む人など、日常利用向けの人で電動アシスト自転車を買う人だろう。逆に高速走行では、アシストのオンとオフがメリハリがあるため、高速走行するのは向かない。

高速域が速い電動アシスト自転車について

高速域が速い電動アシスト自転車は、絶対的なアシスト力ではなくアシストONとOFFをわかりにくくして、脚に違和感を覚えないようなアシストの切り方をするのが重要になってくる。このようなアシストユニットはスタートダッシュは強烈ではないため、スタートダッシュの速さを求めると肩透かしとなる。このようなアシストは、ヤマハ・YPJ-R、Benelli TAGETE等のごく一部の電動アシスト自転車にしか採用されていない。

次回はスタートダッシュが速い電動アシスト自転車の一覧をまとめてみたい。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA