ビアンキの電動アシスト自転車「CAMALEONTE-E」に試乗した感想

スポンサーリンク

ビアンキの電動アシスト自転車「CAMALEONTE-E」に試乗した感想

2017年から登場すると噂のBianchiの電動アシスト自転車「Camereonte-E」は前輪駆動方式を採用した電動アシストクロスバイクとなっている。埼玉サイクルエキスポで試乗することができたので試乗してみた。

前輪にモーターがあるため取り回しに違和感がある

Bianchi Camereonte-EはSR SUNTOUR製の前輪駆動アシストユニットを搭載している。バッテリーは、多くの日本ブランドの電動アシスト自転車のように車体中心部に装着されている。取り回しは良くも悪くもないが、前輪にモーターがあるため前輪の重さが気になった。

アシストパワーが無い、ゴムのような踏み心地、前輪モーターのためフロントが重いのが気になる

埼玉サイクルエキスポで試乗した限りでは、アシスト力は非常に少ない。BHのEASY GOと同じレベルでアシストの意味が無いと思うほどに感じた。また、ペダルを踏んだ感触もゴムを踏んだような感覚がある。恐らくトルクセンサーの作りが悪いのでは無いかと思うほどだ。

前輪モーターで気になるのが、ハンドル部が通常の自転車よりも重いため、体感的にコーナーで曲がるのが不安に感じる事があった。

BHのクロスバイク形電動アシスト自転車 BH E-motion Easy GO Crossに試乗した

ヤマハ・YPJ-Cに全域で負けているCAMALEONTE-E

前輪駆動のためか通常の自転車とは違う車体、パワーがないアシストユニット、ゴムのような踏み心地は10万円を超えるスポーツ電動アシスト自転車としては失格だと感じた。

CAMALEONTE-EのライバルはヤマハのYPJ-Cだが、ギア段数、アシストパワー、車体設計、フレームサイズなどの多くの部分でYPJ-Cに負けている。Bianchi Cameleonte-Eが欲しいのなら、YPJ-Cも試乗してよく考えて検討すべきだろう。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA