モペッド風デザインを採用した電動アシスト自転車 BESV CF1 LENAを試乗した感想

スポンサーリンク

モペッド風デザインを採用した電動アシスト自転車 BESV CF1 LENAを試乗した感想

台湾の電動アシスト自転車ブランド「BESV」の中で税抜き価格15万円台の電動アシスト自転車がCF1 LENAだ。CF1 LENAはシティサイクルタイプの電動アシスト自転車だが、同じジャンルの日本ブランドの電動アシスト自転車と違うのはフレーム一体型のライト等、モペッド風のデザインを採用し実用性よりもデザイン性を重視している。今回はヨコハマ・サイクルスタイル2017でBESV CF1 LENAを試乗してきた。

予想よりも取り回しは良かった

自転車を押したり歩いたりするときの取り回しは、シティサイクルタイプの電動アシスト自転車としては意外と軽かった。おそらく、車体重量が21.5kgとこのようなシティサイクルタイプとしては比較的軽いこと、24インチと車輪径が小さく重心が低い、前カゴが無いためハンドル周辺が軽いのもあるだろう。

前輪インホイールモータータイプにしてはスピード感はある

前輪インホイールモーターにしてはスピード感がある。スタート時は国産有名ブランドの電動アシスト自転車のように力強く発進はしないが、ビュッと前に出るスピード感があるアシスト。ただ、トルクがあるのかと聞かれたら無いだろう。ヤマハ・パナソニック製の国内用センターユニット車では重いギアで発進はできるが、BESV CF1 LENAではできず、変速ギアを積極的に動かす走りとなる。今回の試乗コースでは上り坂が無かったためどのくらい登れるのかはわからない。

個人的に気がついたのはモーター音がするということ。自分はモーター音はあまり気にしないが、ヨコハマ・サイクルスタイルのイベント中にモーター音がするのがわかった。因みに他の電動アシスト自転車では音はわからなかった。電動アシスト自転車のモーター音は気になる人がいるようなので、試乗してどのくらいの音なのか知ったほうがいいかもしれない。

電動アシスト自転車のモーター音の違い ヤマハ編

レトロスクーターやモペッドがライバルのBESV CF1 LENA

BESV CF1 LENAはアシストユニット面では、国産アシストユニット搭載車に勝っているとは思わないが、装備面では国産アシスト車には無い物を装備している。BESVの全車に搭載されている大型ディスプレイは、スピードなどがわかりやすく街乗りモデルでも役に立つ。ハンドルステムは工具無しで角度などの調整ができるのは良い。この機構がついたステムは海外ではトレッキングバイクに採用されている場合があるが、日本では珍しい機構だ。ブレーキを握ったとき、オートバイのようにストップランプが点灯するのも目立ちやすくて良いのでは無いかと思う。

BESV CF1 LENAはトルク感が少ない、前カゴが付けられない等、実用性に関しては欠点があり、国産電動アシスト自転車と比較すると劣る所が多い。個人的にはCF1 LENAはTOMOSやVESPA等のお洒落な原付スクーターやモペッドを買うユーザー向けにアピールするのがベストだと思う。ここで気になるのが購入後のアフター関連で、国産電動アシスト自転車とどのくらい違うのかが成功の鍵となるだろう。

CF1 | BESV JAPAN | 次世代のプレミアムe-Bike | 電動アシスト自転車

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA