過激なアシストユニットを搭載した本格電動アシストMTB Panasonic XM1を解説する

スポンサーリンク

過激なアシストユニットを搭載した本格電動アシストMTB Panasonic XM1を解説する

Panasonicの電動アシストスポーツ自転車で有名なモデルと言えばハリヤ・ジェッターだろう。ハリヤやジェッターは、パナソニックのシティサイクル用ユニットを搭載しており、発進はパワフルなのに対し、高回転で脚をまわすとアシストがかからなくスポーツサイクル風の電動アシスト自転車と言える物だった。

ヤマハから本格的電動アシストスポーツサイクル「YPJシリーズ」が登場したことにより、パナソニックからも、本格的な電動アシストスポーツサイクルが登場するか気にしていたが、XM1の登場は予想外だった。

XM1は日本市場では正規輸入では手に入れることができなかった欧州系の電動アシストユニットのパッケージを身にまとった本格的な電動アシストマウンテンバイクだ。今回はヨドバシカメラ新宿店で行われた試乗会で試乗してきた感想をまとめてみたい。

取り回しは国産シティサイクル系電動アシスト自転車と比較するとやや重い

短時間の試乗での押し歩きでの取り回しは、重いバッテリーがダウンチューブにあるため重心が少し高く感じ重いと思った。もっとも海外ブランドの電動アシストスポーティサイクルは、バッテリーをダウンチューブに装着するのは一般的なので、海外系電動アシストスポーツ自転車と比較するべきだろう。

バッテリーはダウンチューブ一体型で取り外し可能となっている。海外の電動アシストスポーツサイクルで、ダウンチューブ一体型を採用したモデルは高価なモデルが多い。XM1のダウンチューブ一体型バッテリーは、通常のバッテリー外付けモデルよりも重心を下げることができるだろう。

今までの電動アシスト自転車では体験したことがないアシストユニット

今回XM1を試乗したコースは、元地下駐車場を活用したコースで1週200メートル未満と距離が短い。坂道は元は地下駐車場のため通常の坂道よりも急に感じた。

シティサイクル用アシストユニットは発進時の力はあるがペダルを高回転で回すとアシストがかからずもたつく。YPJシリーズに採用されているPWユニットは、発進時の力は少ないのに対してペダルを高回転で回しても、もたつかないでアシストする。

XM1に搭載されているアシストユニット「スポーツドライブユニット」は、シティサイクル用ユニットに近い発進時の力と、YPJシリーズよりも高回転でペダルを回してもアシストする過激なアシストユニットを搭載している。

発進時は軽いギアと相まって、少しペダルを踏んだだけで前に進み、上り坂で軽いギアにしてペダルを高回転で回すとYPJ-Cでさえ体験したことがないアシストを行う。YPJではアシストがかからない高ケイデンスでもXM1はアシストを行うためだ。

ヤマハ・YPJ-C 100キロイッキ乗りインプレッション

YPJ-Cに搭載されているPWユニットは、アシストのONとOFFがわかりにくいが自然にアシストを行い、必要な部分のみアシストを作動させるセッティングとなっており、できるだけ自転車らしさを出している。それに対しXM1は、アシストのONとOFFははっきりしていて、アシストをできるだけ作動させている仕様となっている。体感的なアシスト力は正直言って、本当に型式認定を取ったのか疑うレベルだった。

XM1が日本国内の法律に適合しつつ過激なアシストを達成できたのは、半踏み目のアシストが強くて反応が鋭く、通常の電動アシストユニットでは作動しない高ケイデンスでもアシストさせることで実現したのだと思われる。高ケイデンスでもアシストがかかるのは、Panasonicの営業も売りにしていた。試乗やレンタル程度しかしたことが無い人が言うのもあれだが、個人的な意見としては、現時点で日本国内で一般購入できる電動アシスト自転車で、XM1と同等のアシストユニットは存在しないと思う。

気になったのがアシスト時の音が少し大きいこと。YPJシリーズに採用されているPWユニットはアシスト時の音が静かなのに対し、XM1のスポーツドライブユニットは無意識でも音がするのがわかる。正直、電動アシスト自転車のアシスト音は大した問題では無いと思っているが、気になる人は試乗したほうがいいだろう。

マウンテンバイクとしての性能は書くことはできない。自分がメインに行っているのは公道走行のサイクリングで林道走行レベルしかしないためだ。個人的な使い方をするのなら油圧ディスクブレーキやロックアウト可能サスペンションを見ると十分すぎるのでは無いかと思う。

XM1の登場は、ハリヤをMTBとして弄る時代が終わったということだろう。スポーツサイクルとしてパーツチョイスはXM1のほうがレベルが高く、アシストユニットは話にならない違いがある。

個人的に気になるのがヤマハがどのような電動アシストマウンテンバイクを出すのかだろう。XM1に搭載されているPanasonic・スポーツドライブユニットは、自転車らしさを持っているヤマハ・PWユニットが霞むほどのモーターアシストを行う。ヤマハの電動アシストマウンテンバイクが登場したとしても、XM1と比較して買うべきだろう。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA