BOSCHユニットを搭載した電動アシストクロスバイクTREK Verve+を試乗してみた

スポンサーリンク

BOSCHユニットを搭載した電動アシストクロスバイクTREK Verve+を試乗してみた

BOSCHの電動アシストユニットが日本に参入することとなり、2018年モデルから、BOSCHユニットを搭載した電動アシスト自転車が登場するようだ。

BOSCHの電動アシストユニットを搭載した電動アシスト自転車のなかで一番安いのはTREKの電動アシスト自転車「Verve+」。Verve+は、クロスバイクタイプの電動アシストスポーツサイクルだ。

Verve+のアシストユニットはBOSCH Active Line Plus。Boschユニットを搭載した電動アシスト自転車は、日本市場では30~40万円台のモデルが殆どだが、TREK Verve+は税抜き価格20万円以下で買うことができるBOSCHユニット搭載の電動アシスト自転車だ。

税抜き20万円以下で買えるVerve+は、通勤等の日常用クロスバイクというコンセプトとなっている。Verve+は価格は安いが装備は充実しており、前後ライトと泥除けを装備し20万円以下の電動アシストクロスバイクとしては、比較的買い得な電動アシスト自転車となっている。

ブレーキは油圧ディスクブレーキを採用し。タイヤも太いため、スピードが出ても安定して停まれる安心感がある。

Boschの電動アシストユニットは期待はずれ

Verve+のアシストユニットはBosch Active Line Plusというもので、Boschの電動アシストユニットの中では低価格向けの街乗り向けユニットと思われる。ケイデンスメーターはなく、スポーツサイクルアシストユニットのヤマハPWやパナソニックスポーツドライブユニットと比較すると、街乗り向けだと実感する。

ヤマハやパナソニックのシティサイクル用ユニットみたいに、時速20km/h超えたときのアシストオフによる、脚にかかる重さはなく、YPJ-R/YPJ-Cに採用されているPWユニットよりもパワー感はあり、アシストのON OFFはわかりやすい。しかし、シマノのSTEPS E8080やXM1に搭載されているパナソニックスポーツドライブユニットみたいに、高ケイデンスで漕いでもアシストがかかるような、本格的スポーツユニットではない。アシスト時の音は静かだ。

サイクルモードのコースで気になったのが、ペダルを漕ぐ脚を止めてアシストがオフになる時、コクンとしたショックが発生する。これは同ユニットを搭載したTern Vektronでも体感したので、Bosch Active Line特有の問題と考えて良いと思う。

感覚的にはBENELLI TAGETEに装着されているBAFANG社のユニットに近い。しかし、BAFANG社のユニットはアシストオフの時のコツンとした感覚がないため、BOSCHよりもBAFANGのほうが優秀なのではないかと思ってしまう。

もしシマノ製アシストユニットが搭載されていたら破格だが…

TREK Verve+の価格は税抜き20万円以下と装備内容を考えたら比較的安価だ。しかし、ペダルを漕ぐ脚を止めてアシストがオフになる時、コクンとしたショックが発生するアシストユニットのおかげで、両手を挙げて薦められる電動アシスト自転車ではない。もしシマノSTEPS E8080を搭載して25万円以下なら間違いなくお薦めだが、このレベルだと購入前に必ず試乗するべき電動アシスト自転車としか言えない。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA