電動アシスト自転車「ヤマハ・PAS Brace XL」と「ブリヂストン・リアルストリーム」の違い

スポンサーリンク

電動アシスト自転車「ヤマハ・PAS Brace XL」と「ブリヂストン・リアルストリーム」の違いブリヂストンとヤマハの電動アシスト自転車には、にたようなモデルがあるがよく見ると細部が違うモデルが存在する。

今回比較するのはブリヂストン・リアルストリームとヤマハ・PAS Brace XL。内装8段変速のクロスバイク型の電動アシスト自転車で、価格は15万円以上と、日本の電動アシスト自転車の中では高価な部類に入る。

カラーリングの違い

ヤマハ・PAS Brace XLは、ソニックオレンジ、クリスタルブラック、スカイブルー、クリスタルホワイトと明るい色が多い一方、ブリヂストン・リアルストリームはT.クロツヤケシやT.マットショコラ、F.ネオンイエローと比較的落ち着いた色となっている。また、ブランドロゴも、ヤマハのほうが、離れていてもわかりやすい部分に貼ってあり、見えやすいようになっている。

ブリヂストン・リアルストリームとヤマハ・PAS Brace XLの違いは実質的にこれだけしかない。ブリヂストンとヤマハの電動アシスト自転車の違いを見ると、実は違いが多くて安心できないのが多い一方、ブリヂストン・リアルストリームとヤマハ・PAS Brace XLは、デザインの違い程度で買える、安心した電動アシスト自転車となっている。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA