電動アシスト自転車のスイッチ・メーターの違い(ヤマハ・ブリヂストン編)

スポンサーリンク

電動アシスト自転車のスイッチ・メーターの違い(ヤマハ・ブリヂストン編)ヤマハとブリヂストン・アシスタシリーズの電動アシスト自転車は、ヤマハ製アシストユニットを採用しているため、ハンドルに装着されているスイッチ・メーターは同じものが採用されている。このスイッチ類は、モデルによって違いがあるので纏めてみた。

3ファンクションメーター/デジタルメーター付きメインスイッチ


ファミリーサイクルモデルや、シティサイクル等、多くのモデルに採用されているのが、3ファンクションメーター。残りアシスト走行可能距離表示やスピード表示、バッテリー残量表示は数字で表されるので、形に似合わず高機能となっている。

  • 残りアシスト走行可能距離(キロメートル表示)
  • スピード表示
  • バッテリー残量表示(数字)
  • アシスト切り替え(3段階)
  • オートライト用照度センサー
  • ライトスイッチ

液晶マルチファンクションメーター

通常の3ファンクションメーターよりも高機能なのがうりの液晶マルチファンクションメーター。搭載車種が比較的高価な趣味用モデルに採用されているため、自動車のタコメーターのようなアシスト力表示に、消費カロリー表示、残りアシスト走行可能距離表示、平均車速、最大車速表示、トリップメーター、オドメーター表示、バッテリー残量表示(数字)と所有欲を満たす機能が装備されている。

液晶マルチファンクションメーター搭載車

ヤマハ:PAS Brace XL、PAS VIENTA 5

ブリヂストン:リアルストリーム

  • 残りアシスト走行可能距離(キロメートル表示)
  • スピード表示(0.1キロ単位)
  • バッテリー残量表示(11段階)
  • アシスト切り替え(3段階)
  • アシスト力表示(8段階)
  • 消費カロリー表示
  • 残りアシスト走行可能距離表示
  • 平均車速、最大車速表示
  • トリップメーター、オドメーター表示
  • バッテリー残量表示(数字)
  • オートライト用照度センサー
  • ライトスイッチ

かんたんスイッチ


PAS SIONやアシスタユニロイヤルなどの、高齢者向け電動アシスト自転車モデルに装着されている。わかりやすくするために、バッテリー残量表示やスイッチ類は大きくなっていて、アシスト切り替えも強・弱の2つのスイッチだけと、徹底的にわかりやすさを追求している。

かんたんスイッチ搭載車

ヤマハ:PAS SIONシリーズ、PASワゴン

ブリヂストン:アシスタユニロイヤルシリーズ、アシスタワゴン

  • 残りアシスト走行可能距離(パーセント表示)
  • バッテリー残量表示(数字)
  • アシスト切り替え(強・弱の2段階)
  • オートライト用照度センサ
  • ライトスイッチ

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA