電動アシスト自転車のスイッチ・メーターの違い パナソニック編

スポンサーリンク

電動アシスト自転車のスイッチ・メーターの違い パナソニック編電動アシスト自転車大手のパナソニックは、安価なモデルからチタンフレームのハイエンドモデルまで、さまざまな電動アシスト自転車を販売している。ヤマハ・ブリヂストンの電動アシスト自転車のスイッチ類は3種類しかなかったが、安価なモデルも販売しているパナソニックは、スイッチ・メーター類の種類が多い。

エコナビ(数字表示仕様)

パナソニックの電動アシスト自転車では多くのモデルにエコナビというスイッチが採用されている。このエコナビには液晶パネル付きと無しのモデルがあり、シクロアシストでは液晶パネル付きエコナビを、エコナビ(数字表示仕様)とする。

エコナビ(数字表示仕様)では、残りアシスト走行可能距離とバッテリー残量表示が数字で表示される。またヤマハやブリヂストンの電動アシスト自転車にはスピード表示はあったが、パナソニックにはない代わりに、残り走行時間表示機能がついている。

参考URL:http://cycle.panasonic.jp/products/electric/eld/feature.html

  • 残りアシスト走行可能距離(キロメートル表示)
  • 残り走行時間表示(数字)
  • バッテリー残量表示(数字)
  • アシスト切り替え(3段階)
  • オートライト用照度センサー
  • ライトスイッチ

エコナビ(5段階表示仕様)

比較的安価な電動アシスト自転車には、エコナビ装着車でも、数字ではなく5段階表示となっている。

参考URL:http://cycle.panasonic.jp/products/electric/engl/feature.html

エコナビ(5段階表示仕様)装着車:ビビ・ライト・U、オフタイム、EZ、グリッターEB、ビビ・SS、かろやかライフEB

  • バッテリー残量表示(5段階表示)
  • アシスト切り替え(3段階)
  • オートライト用照度センサー
  • ライトスイッチ

液晶マルチコントロールサイクルメータ2/3

フル液晶パネルで、多くの機能がついたメーター。装着車はジェッターとチタンフラットロードEBのみで、ハリヤには装着されていない。因みに、液晶マルチコントロールサイクルメーターは、チタンフラットロードEBは2、ジェッターは3が装着されているらしいが、見た限りでは形は機能は同じだ。

参考URL:http://cycle.panasonic.jp/products/electric/ENHC6/feature.html

液晶マルチコントロールサイクルメータ装着車:ジェッター(3)、チタンフラットロードEB(2)

  • スピード表示(0.1キロ単位)
  • バッテリー残量表示(5段階)
  • アシスト切り替え(3段階)
  • アシスト力表示(6段階)
  • 消費カロリー表示
  • 残りアシスト走行可能距離表示
  • 平均車速、最高速度表示
  • 走行距離、積算距離表示
  • バッテリー残量表示(数字)
  • ライトスイッチ

バックライト付手元スイッチ(3モード)

ヤマハ・ブリヂストンの電動アシスト自転車では装備していないスイッチ。パナソニックの電動アシスト自転車でも、量販店、無名ブランド対策向けのビビ・TXのみ装備されている。

参考URL:http://cycle.panasonic.jp/products/electric/entx2/feature_handle.html

バックライト付手元スイッチ(3モード)装着車:ビビ・TX

  • バッテリー残量表示(3段階表示)
  • アシスト切り替え(3段階)
  • ライトスイッチ

無し

冗談でも何でも無く、パナソニックの電動アシスト自転車には、ハンドルにスイッチが無いモデルが存在する。エネモービルSでは、ハンドルにスイッチが無い代わりに、バッテリー付近にスイッチが有る。

参考URL:http://cycle.panasonic.jp/products/electric/enb/

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA