(電動アシスト自転車試乗レビュー)ブリヂストン・アシスタDXに乗ってみた

スポンサーリンク

(電動アシスト自転車試乗レビュー)ブリヂストン・アシスタDXに乗ってみた電動アシスト自転車を中心に書いている「シクロアシスト」で、一番の問題は、自分が電動アシスト自転車を所有していないということ。自分は電動アシスト自転車を所有していないが、最近では電動アシスト自転車のレンタサイクルを行っているところが多く、それらのレンタサイクルを使用して、電動アシスト自転車を探究している。

今回は、ブリヂストンの電動アシスト自転車「アシスタDX」をレンタルしてみた。レンタルしたところは東京・福生のサイクルシェアリング「たっけーサイクル」。このサイクルシェアリングでは、アシスタDXだけでなく、スポーツモデルとしてリアルストリームminiもレンタル可能だ。アシストDXは最新型ではないが、前輪にS.P.E.C.という車速センサーが装着しているため、比較的新しいタイプだろう。

20150502_091142

アシスト力について

アシスタDXは、ヤマハ製の電動アシストユニットを装備している。センターユニット・後輪駆動方式のスタンダートとなっている。発進加速は、構造的に電動アシストプラス脚力となるため漕ぎ出しはグイッと進む感じだ。アシスタDXには、走行距離重視のオートエコモード、標準モード、強モードの3つがある。個人的にアシストに頼って楽に走れるスピードは、平地でオートエコモードで時速15キロ、標準・強モードで時速17キロぐらいだろう。(時速はメーター表示)

20150502_095455

上りについては、自動車が入らない道でキツイ上りがあった(推定勾配10%)ので上ってみた。坂道の手前から停止、発進では上ることができた。坂道の途中からの発進も可能だった。このような場面は念のため、標準・強モードでやったほうがいい。

豊富な機能がついているスイッチ・メーター類

安価なモデルが少ないブリヂストン・ヤマハの電動アシスト自転車だが、その代わり、メーターの表示機構は安価なモデルでも豊富な表示となっている。アシスタDXには、3ファンクションメーター/デジタルメーター付きメインスイッチが装備されている。スピード表示やバッテリー残量表示が数字なので非常にわかりやすいのがいい。

乗り心地の良さ

アシスタDXに最初乗ったとき、乗り心地がいいことに気が付いた。アシスタDXはファミリーサイクルタイプの電動アシスト自転車のため、アップライトな乗車姿勢やバネ付のママチャリサドルと、乗り心地重視となっているが、恐らく一番効いているのは26×1-1/2という、通常のママチャリより太いタイヤだろう。これのおかげで段差や多少の砂利道でも安心感がある。装着されていたタイヤはブリヂストン・Eマイティロードという電動アシスト自転車専用タイヤを装備している。タイヤが良いのか、安物ママチャリとは違う転がり抵抗と、乗り心地の良さは、タイヤの重要性を実感する。

非アシスト時の走り

アシストを切ったときは、普通の自転車になるが重量が重いので走りは重いが、いったん走り出すと転がり抵抗などが良いため、平地なら意外と走れる。激安ママチャリの走りの重さは、各部の質の悪さで抵抗があり”漕いでも漕いでも進まない”走りの重さだが、アシスタDXの走りの重さは、重量が重いため”漕ぎ出しだけが重い”走りの重さだ。

乗り心地の良さ、キツイ坂も上れる、電動アシスト自転車特有の静音、万が一の非アシスト時でも走行可能なのを体感すると、電動アシスト自転車が売れる理由はわかる。アシスタDXを購入する前に注意したいのはヤマハの電動アシスト自転車の存在。ブリヂストン・アシスタDXは、ブリヂストンとヤマハとの協力関係のため、ほぼ同じモデルがPAS ナチュラという名前で存在していて、微妙に違うので購入するときは両車を検討したほうが良い。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 空と海 より:

    こんにちは。詳しい記事をありがとうございます。今、アシスタデラックスと、新しく出た、フロンティアロイヤルで、迷ってます。

    当方、154センチの女性で、病弱なので、少しでも、アシスト力が良い(6)フロンティアが良いと思いますが、色が、アシスタデラックスの方が好みで、二つのお店で聞いたら、激しく使わない限り、アシスタで十分、逆に、ベルト式は、前輪モーターが重く感じるかもしれないし、ベルトの良さは、まだ未知数、という意見と、やはり、アシスト力が強いと楽という、異なった意見でした。

    因みに、今は、パナのギュッとに乗っています。リアルストリームミニ?の電動もあり。

    高いものですし、、、ロイヤルのアシスタと比較しての乗り心地について、ご意見うかがえますか?

    • matuken より:

      シクロアシストの管理人です。

      アシスタDXはレンタサイクルでの試乗、フロンティアロイヤルは未試乗ですが、フロンティアロイヤルに搭載されているアシストユニットを搭載した、アルベルトeを試乗した経験があります。

      まず、フロンティアロイヤルに搭載されている電動アシストユニット(BSデュアルドライブ)は、ネット上の自転車店の感想では上り坂での発進がもたつく等、パワーが無い指摘があります。自分が試乗した限りでも、パワーに関してはアシスタDXのほうが有利でしょう。構造的についての理由は、ブリヂストンの電動アシスト自転車のアシストレベルの見方の注意点を御覧ください。

      ブリヂストンの電動アシスト自転車のアシストレベルの見方の注意点:http://cycloassist.com/archives/799

      使用条件等を考えるとアシスタDXが良いと思いますが、今まで他の電動アシスト自転車に乗っているのを見て、実際にアシスタDXかレベル4のアシストユニットを装備したヤマハかブリヂストンの電動アシスト自転車に試乗し、どれだけアシストするか体験し、納得して購入したほうが良いと思います。

      もし、アシスタDXのアシスト力に納得しないのなら、ヤマハのPAS・ナチュラXLスーパーにする方法があります。ナチュラXLスーパーは、リアカーを牽引して宅配業務を行う業務用電動アシスト自転車「PAS GEAR-U」に搭載されている電動アシストユニットを搭載した電動アシスト自転車です。因みにかつてブリヂストンからもアシスタロイヤルとして売られていました。
      ナチュラXLスーパーのアシストレベルは6(アシスタロイヤルでも同じレベル6)ですが、業務用でハイパワーのため発進はパワフルで、発進がパワフルな電動アシスト自転車が欲しいのならナチュラXLスーパーを購入したほうがいいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA