電動アシスト自転車比較記事まとめ「ヤマハ・PAS VIENTA/エアロアシスタント・angee+L」

スポンサーリンク

電動アシスト自転車比較記事まとめ「ヤマハ・PAS VIENTA/エアロアシスタント・angee+L」ASCII.jp:街乗り用電動アシスト自転車対決! 気軽で快適なのはどっち? (1/3)|運動不足も関係なし! 電動アシスト自転車ライフを始めようでは、電動アシスト自転車を比較している。この記事は2012年の記事で、東京都内を実走して、街乗り系スポーツタイプの電動アシスト自転車「ヤマハ・PAS VIENTA(2015年現在はPAS VIENTA 5となっていて、大幅に変わっている)」「エアロアシスタント・angee+L」の比較を行っているのでまとめてみた。

エアロアシスタント・angee+L(ASCIIのレビュー記事にジャンプする

20インチ車輪の街乗りスポーツ系小径車の電動アシスト自転車。後輪車輪に装着されたインホイールモーターでアシストするタイプで、回生充電機構がついている。LEDパネルの点灯が変なのが気になる。angee+Lの走行距離は、メーカー独自基準の走行テストでは42.2キロと書いてあるが、実際の走行距離は21キロと剥離している。下り坂では、自動的に回生充電モードになり、充電中はスピードが緩やかに落ちるエンジンブレーキがかかるようになっている。この回生充電は、電池切れのときは役に立たないという指摘がある。三分坂という上り坂ではモーターはかなりもたつく感じで、最も軽いギアして上れたが、速度はとても遅いとのことだ。

ヤマハ・PAS VIENTA(ASCIIのレビュー記事にジャンプする

リアルストリームよりは本格的ではないが、内装変速機タイプの電動アシスト自転車。男性向けのリアルストリームとは違い女性向けを意識している。アシストユニットはヤマハ製で、アシスト力は、同じヤマハ製のアシストユニットを搭載したリアルストリームと同じく、走り出しや上り坂などでは、安定した力を出すとのこと。パナソニック・ジェッターよりやや強い印象だが、リアルストリームのようなペダルを踏んだときのパンチ力は無いとのこと。公称距離は23キロだが、実走した場合は31キロだったのこと。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA