ヤマハ初の電動アシストロードバイク、YPJ-Rを詳しく見てみる

スポンサーリンク

ヤマハ初の電動アシストロードバイク、YPJ-Rを詳しく見てみるVelo Tokyo 2015で、ヤマハがYPJ-Rという電動アシストロードバイクを出展した。電動アシストロードバイクのYPJ-Rは賛否両論の意見が出ているが、今回はYPJ-Rの情報や写真を詳しく見て自分なりの感想を書いていきたい。

現実的なスタイリングでショーモデルには見えない

東京モーターショー2013で登場したYPJ-01は細身のスチールフレーム、超小型のバッテリー、ディスクブレーキ等のコンセプトモデル的なデザインだったのが、今回のYPJ-Rは通常のアルミフレーム、通常のバッテリーサイズ、派手ではないカラーリングなど明らかに市販車のスタイリングだった。

駆動部分はヤマハ・PWシリーズか?

駆動部分はヤマハの海外向け電動アシストユニット「PWシリーズ」の可能性がある。調べてみるとPWシリーズは前多段変速に既に対応しているようで、Haibike等の電動アシスト自転車もラインナップしている海外のスポーツ自転車ブランドには、前多段変速仕様のヤマハ・PWシリーズのユニットを搭載しているモデルがあるので、YPJラインは実際はヨーロッパ向け電動アシストユニットの日本進出の意味があるか?

電動ユニットのロックが可能

メーターは取り外すことで電動ユニットにロックをかけ、ペダリングできなくなる機構がついているとのこと。

重量15キロと軽量

電動アシストロードバイクのYPJ-Rの重量は15㎏と軽量だ。電動アシスト自転車の多くは20㎏クラスが多い中15㎏と軽い。因みにパナソニックの電動アシストスポーツ自転車「チタンフラットロードEB」は重量15.9㎏なので、どれだけ軽いかがわかると思う。

電動アシストの利点を出すならロードバイク以外が良かったのでは?

ヤマハ・YPJ-Rは電動アシストロードバイクというあまり見ないジャンルだが、海外の電動アシストスポーツ自転車の世界では、マウンテンバイクやトレッキングバイク・クロスバイクが多数派で、電動アシストロードバイクは殆ど無い。個人的には電動アシストなら、フルサスでも楽に走れるマウンテンバイクや実用性の高さと走りの軽さの両立ができるトレッキングバイクのほうが新たな市場をつかむことができるような感じがする。

ヤマハ・YPJ-Rが成功したら、海外向け電動アシストスポーツ自転車が日本にやってくるか?

一番気になるのがYPJ-Rが成功したら、海外向けの電動アシストスポーツ自転車が日本にやってくるのかだ。ヨーロッパ圏の電動アシストスポーツ自転車は大手が多く参入していて選ぶのが悩んでしまうほど多い状況となっている。ヤマハ・YPJ-Rに搭載されていると思われるPWシリーズを搭載した電動アシストスポーツ自転車は数多くある。海外の電動アシスト自転車に詳しい人なら日本の電動アシスト自転車よりも海外向けの電動アシスト自転車が欲しい人が多いと思う人が多いと思うが、もしYPJ-Rが成功したら海外向けの電動アシストスポーツ自転車が日本にやってくる可能性は高いだろう。

シクロアシスト YPJ-R特集一覧に行く

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA