原付並みに速く走れるヨーロッパの電動アシスト自転車規格「S-Pedelec」とは何か

スポンサーリンク

原付並みに速く走れるヨーロッパの電動アシスト自転車規格「S-Pedelec」とは何か

ヨーロッパ圏の電動アシスト自転車は最高速度25km/h、最大出力250wを中心とした法律になっている。この部分だけ見ると日本の法律に似ているが、ヨーロッパ圏ではS-Pedelecという通常の電動アシスト自転車とは違う規格が存在する。

調べてみた限りだとS-Pedelecの内容は以下のとおりだ。

最高速度45km/h

モーターの最大出力は500wまで

前後ライトは標準装備

ナンバープレートは取り付けられている

バックミラーは装備されている

ヘルメットは自転車用ヘルメットでOK

自転車道の走行はできない

電動アシスト自転車よりも速く走れ、ヨーロッパの原動機付自転車よりも緩いS-Pedelecは、多くの会社からラインナップされている。ヨーロッパ圏でS-Pedelecモデルが多くあるのは恐らくペダル付き原動機付自転車のモペッドの存在があったのからだろう。モペッドは日本の原付きよりも規則が緩い乗り物だったらしいが(Wikipediaでもヴェロソレックスというモペッドにノーヘルで乗っている写真がある)、S-Pedelecはモペッドの代わりのような乗り物なのだろう。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA