BSデュアルドライブ採用車が増えたブリヂストンの電動アシスト自転車

スポンサーリンク

BSデュアルドライブ採用車が増えたブリヂストンの電動アシスト自転車今まで、ブリヂストンの電動アシスト自転車といえばアシストユニットはヤマハ製のユニットを採用しているのが普通だった。しかしアルベルトeの登場でブリヂストン自製の電動アシストユニットを搭載した電動アシスト自転車が登場した。

2016年モデルからは、BSデュアルドライブを搭載した電動アシスト自転車がさらに登場するとのこと。今までヤマハ製電動アシストユニットを搭載したステップクルーズeは、2016年モデルからBSデュアルドライブに変更になった。また新たにBSデュアルドライブを採用したフロンティアロイヤルも登場するとのこと。

更に驚くことは、新しく登場するアシスタ・ベーシックは、パナソニック製の電動アシストユニットを搭載している。スイッチ類を見ると安価なビビTXに採用されているタイプのように見える。自転車店のブログでカタログ画像を公開しているが、価格はオープン価格となっているので、8~9万円台で購入できるだろう。アシスタ・ベーシックの面白いところは、車体形状はヤマハ製ユニットを搭載したアシスタなのに、アシストユニットはパナソニック製という、今までのブリヂストンの電動アシスト自転車を見ている人から見ると、非常にちぐはぐしていているということ。自動車で言うならダイハツの軽自動車にスズキのエンジンが入っているような物だ。

BSデュアルドライブ搭載車だけでなく、パナソニック製電動アシストユニットを搭載した自転車を登場したのを見ると、ブリヂストンはヤマハとの電動アシスト自転車の関係を少しづつ離して、独自路線を行こうとしているように見える。ヤマハもブリヂストンだけでなくマルキンなどのブリヂストン以外の電動アシスト自転車にアシストユニットを供給している。挑戦していく方向に進んで行くブリヂストンサイクルの今後の行方はどうなるかがきになる所だ。

参考:ブリヂストンの電動自転車は新たな道へ | 神川輪業

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA