簡易ハンドル固定機構の有効性

スポンサーリンク

簡易ハンドル固定機構の有効性電動アシスト自転車に限らず、シティサイクルやママチャリには、簡易ハンドル固定機能を搭載している自転車がある。有名なのはシマノのくるピタでハンドルストッパーとも呼んでいる。

この部品の利点はハンドルが勝手に動かないこと。基本的に固定位置にしてもハンドルに強い力をを加えると、カチカチと音をして、段階的に動くようになっているが、ハンドルは簡単に動かないので、荷物を入れる時などでのストレスの軽減がある。ついておいて損はない部品だ。

因みに、シマノのくるぴたは、部品単体で購入できる所もあるので、くるぴたがついていない自転車に搭載したいと思うかもしれないが、ネット上で調べてみると、場合によってはフレーム加工を行わないといけない場合もあるようなので、基本的には取り付けは無理に近いと思って良いと思う。
SHIMANO ハンドルストッパー くるピタ HL-S200 – ヘッドパーツ – サイクルベース名無し:自転車レビューサイト

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA