スポーツ電動アシスト自転車 2016年新型パナソニック・ハリヤの特徴

スポンサーリンク

スポーツ電動アシスト自転車 2016年新型パナソニック・ハリヤの特徴

パナソニックのスポーツタイプ電動アシスト自転車と言えばハリヤがある。現在では街乗りスポーツ電動アシスト自転車のハリヤはロングセラーモデルとなっており、モデルチェンジを行いながら長い間販売している。そんなハリヤは2016年モデルでモデルチェンジを行った。どのような所が変わったのか。今回、アールズサイクルのブログで詳しいことが書いてあったのでまとめてみた。

フロントサスペンションフォークは、従来のとレベルは変わらず、エントリーマウンテンバイクレベルの物がついている。ただ、ヘッドチューブは最近のハイエンドMTBみたいに上下異型形状になっていて、ヘッドパーツを交換すれば、FOXなどのハイエンドマウンテンバイクに採用されているテーパーフォークも使用できるとのこと。

フレームは一部に立体的なハイドロフォーミング形状を採用している。各部の隙間も旧モデルよりも広げているようだ。 旧型ではリヤタイヤは26x2.0程度のタイヤしか履けないフレーム形状とのこと。現在のマウンテンバイクの殆どは2.1インチ以上の太いタイヤが多いので、マウンテンバイクのブロックタイヤを履くのは難しかったのが、新型では26x2.1のブロックタイヤを装着しても、隙間は十分確保されているとのこと。タイヤによってはもっと太いタイヤも履けそうとのことだ。

ハリヤで山に入る人にとっては進化している部分が多いようだ。ただ、ハリヤの基本的な考えは街乗りスポーツ自転車なので、改造をして山に入るなどの過酷な使い方をしたら保証の対象外になる可能性が非常に高い。

参考

ハリヤ|自転車|Panasonic

アールズサイクルの2016ハリヤの評価

ハリヤの基本コンセプト

ハリヤの基本コンセプトはマウンテンバイク風の街乗りスポーツ自転車だろう。タイヤはマウンテンバイク並に太いスリックタイヤを採用し、フロントサスペンションフォークを装備している。ロードバイクのYPJ-Rのようにキビキビした走りをするのではなく、段差などを気にしなく、シティサイクルタイプの電動アシスト自転車よりも遠く、快適に走れるようなものだと思えばいいだろう。外装7段変速を装備しているため、軽めのギアも有る。バッテリーが亡くなった場合も走れる場面は多いだろう。

ハリヤのスペック

税抜き価格:129,000円
ジャンル:スポーツタイプ
車輪径:26インチ
フレーム材質:アルミフレーム
車体重量:22.4kg
適応身長:150cm以上
走行距離:
ロングモード 72km
オートマチックモード 57km
パワーモード 48km
アシストユニット:センターユニット・後輪駆動方式
変速機:外装7段変速
充電時間:4.5時間
バッテリー容量:25.2V/12.0Ah

ハリヤの主な装備

タフパワーアシスト:剛性が高く、発進時にパワーが強くなるアシストユニット
トリプルセンサーシステム:トルクセンサー・スピードセンサー・クランク回転センサーを装備しスムーズにアシスト
LEDバッテリーランプ:オートライト仕様
エコナビLEDスイッチ
フロントクイックリリース:前輪を簡単に着脱できる。
フロントサスペンション:段差の衝撃を和らげるフロントフォーク。サスペンション機構を固定するロックアウト機構付き
セミスリックタイヤ(26×1.90HE):マウンテンバイク規格を採用したスリックタイヤ。
3年間盗難保険付き
BAAマーク

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA