LAOXの電動アシスト自転車「Taskal」のインプレをまとめてみた。

スポンサーリンク

LAOXの電動アシスト自転車「Taskal」のインプレをまとめてみた。免税店チェーンで有名なLAOXは、かつては電動アシスト自転車に参入していた。2014年以降、全車種が完売したという情報からは特に話を聞かないため、撤退したと思えばいいだろう。

そんなTASKALシリーズは、登場時から疑問を持つ自転車店があったようだ。安い電動自転車の”なぜ”: シンワブログでは、カタログ写真のカゴの曲がり方とサドルの角度がバラバラ。サークル錠が安物で防犯上問題がある。重たい電動アシスト自転車なのに、強度が弱いアルミリム、よく分からないバッテリー、ランプ3つというアバウトなスイッチにバッテリー本体にバッテリー残量の表示も無い等、安物買いの銭失いのような電動アシスト自転車の評価だ。

そんなTaskalを購入したユーザーのブログを発見した。

参考:サイクリング・ウォーキング:TASKALで助かる?助からない?

車種はTASKAL Ladyで前車はパナソニック・Viviからの乗り換えとのこと。パワーが弱く、アシスト感があるのは3段ギアの1段目だけ、2、3段ギアでは全然感じないと書いてある。パナソニックの場合は、全てのギアでアシスト感に変化がなく、常に3段目ギアにして乗っていたと書いてある。

これは恐らく、前輪駆動方式の欠点の1つである上り坂が弱いのが関係していると思われる。荷重がかかりにくく、脚力と合わさらない前輪をアシストするため、アシスト力が上り坂が弱いのだろう。また、Taskal Ladyは前輪モーターの出力が200Wと、多くの電動アシスト自転車に採用されている250Wよりも少ない。

参考:ブリヂストンの電動アシスト自転車のアシストレベルの見方の注意点 | シクロアシスト

新車購入は既に撤退しているためできず、今後のアフターケアも不安を感じるので、中古でもヤマハやパナソニック等の有名ブランド製の電動アシスト自転車が良いだろう。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA