ケイリンPASの後継モデル YPJ-K試作車から見る電動アシスト自転車の進化

スポンサーリンク

ケイリンPASの後継モデル YPJ-K試作車から見る電動アシスト自転車の進化ヤマハはケイリンPASの後継モデルとしてYPJ-Kという自転車競技用先導車両を開発しているという。

自転車競技用先導車「YPJ-K」の開発に着手 電動アシストロードバイク「YPJ-R」をベースに専用開発 – 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報では、YPJ-Kの試作車を見ることができる。YPJ-K試作車を見ると、ケイリンPASと比べて大幅に進化したのがわかるがだれも言わないのでまとめてみた。

アシストユニットは市販モデルレベルか

ケイリンPasは、アシスト用のモーターを2つ装備している。少なくともヤマハの電動アシスト自転車で、アシスト用のモーターを2つ搭載した形式は見たことがない。恐らく、時速60km/hまでアシストを行うように、モーターを2つ装着したのでは無いかと思う。

一方、YPJ-Kは大型のチェーンリングを装着しているため、写真ではモーターユニットを見ることは出来ないが、ケイリンPASみたいに、少なくともDUCATI Lツインエンジン風のダブルモーターというわけでは無さそうだ。YPJ-K試作車はフレーム自体はロードバイクのYPJ-R用に見えるため、現時点ではYPJ-Rと同じモーターなのではないかと思う。

バッテリーも市販品か

ケイリンPASには、車体に合わせたバッテリーを装着していた。YPJ-Kでは大型のバッテリーが装備されているが、このような大型のバッテリーはヤマハ製ユニットを搭載した、海外の電動アシスト自転車に多く装備されているので、市販品の流用の可能性が高い。

YPJ-Kで見えるのは、電動アシスト自転車が急激に進化したということ

YPJ-Kの前車のケイリンPASは比例補助最高速度が60km/hと速く走ることができ、YPJ-Kは時速50kmでの巡航が可能とプレスリリースに書いてある。そんなケイリンPASは、ツインモーター等、多くの部品を市販車で採用されていないワンオフ物だったのに対し、YPJ−Kは市販車改造だけの部品が多く採用されているように見え、テスト走行が可能ということだということだ。

時速45km/hレベルなら、ヨーロッパではS-pedelecというジャンルの電動アシスト自転車で実現し購入ができる。登場時、自転車界を騒がせたSpecialized Turboも、今で言うのならS-Pedelecのジャンルに入るだろう。

原付並みに速く走れるヨーロッパの電動アシスト自転車規格「S-Pedelec」とは何か

YPJ-Kは現段階ではまだ試作品のため、今後どのような形になるのかが気になる所だ。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA