フル電動自転車は電動アシスト自転車では無い

スポンサーリンク

フル電動自転車は電動アシスト自転車では無い電動アシスト自転車に見える物でも、電動アシスト自転車では無いモノではフル電動自転車がある。フル電動自転車と電動アシスト自転車との違いは、電動アシスト自転車はペダルを漕いだ時に法律に基づいた規定のアシストがかかるようになっていて、ペダルを漕がないとアシストしない一方、フル電動自転車は、ペダルを漕がなくても走ることができるため、原動機付自転車となり免許が必要になり、保安基準に満たした装置が必要となる。

「ペダル付電動自転車」の走行(使用)に注意してください! :警視庁

ペダル付き原動機付自転車は日本ではあまり見かけないが、ヨーロッパにはベロ・ソレックスプジョー・ヴォーグトモス等のペダル付き原動機付自転車(モペッド)がある。日本でモペッドが殆ど見ない理由は、ヨーロッパのモペッドは、日本の原付きよりも遥かに自転車側に寄っているからだと思われる。

日本では原付の法定速度は30キロだが、法律を無視すれば時速60キロは出るモデルが殆どで、実際は「オートバイ」だが、ヨーロッパの原付免許(AM licence)で乗れる原付きは最高速度が45キロと規定されていて、規制に合わせるように馬力を落とすようになっている。例えば嘗て売られていた、ヤマハ・ヨーロッパのTZR50は、高出力が出せる2ストローク50CCエンジンを搭載しているが、重量128kgで2.7馬力と、日本で売られているどの原付よりも低馬力となっている。日本でも、昔に売られていた2ストローク50CCエンジンを搭載していた原付「ヤマハ・TZR50R」は7.2馬力なので、いかにヨーロッパのモペッド規制がキツイかがわかるだろう。またTomosのモペッドでは、最高速度が設定されていて最高速度25キロモデル最高速度45キロモデルの2種類があり、オートバイというよりも原動機付がついた自転車と言ってもいい。

フル電動自転車でも、E-SolexパワードバイクS1等、きちんと原付きと言っているのはまだいいが、問題は原付き扱いとは言わずに売られているフル電動自転車だろう。この手のフル電動自転車を売る業者は、胡散臭いので近づかない方がいい。また、保安基準を満たさないフル電動自転車を公道走行した場合、無免許運転などの道路交通法違反、道路運送車両法違反に問われる場合があるので、乗らない方がいいだろう。

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA