道路交通法違反の電動アシスト自転車と言われる物の一覧をまとめてみる

スポンサーリンク

道路交通法違反の電動アシスト自転車と言われる物の一覧をまとめてみる平成28年10月27日に、警察庁は電動アシスト自転車と称して販売されている7製品について確認を行った結果、各製品の少なくとも一部に、アシスト比率が道路交通法(昭和35年法律第105号)に基づく道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第1条の3に定めるアシスト比率の基準を超え、基準に適合しないものが存在することが判明したと発表した。基準に適合しない製品は、道路交通法上の自転車ではなく原動機付自転車等に該当し、保安基準に適合していないため道路を通行させることはできないようだ。道路交通法違反の電動アシスト自転車と言われる物の一覧は以下の通り。

株式会社アイジュ・パステルXM26-0001(型式認定番号・交N14-34)

株式会社永山・Galaxy Power CES26(型式認定番号・交N13-16)

株式会社カイホウジャパン・折りたたみ電動アシスト自転車20インチKH-DCY03(型式認定番号・交N12-44)

株式会社カイホウジャパン・電動アシスト自転車KH-DCY09(型式認定番号・交N13-65)

神田無線電機株式会社・電動アシスト自転車TASKAL-M(型式認定番号・交N12-48)

LAOXの電動アシスト自転車「Taskal」のインプレをまとめてみた。

株式会社サン・リンクル・CityGreen lightmini

日本タイガー電器株式会社・Bicycle-452 assist

https://www.npa.go.jp/pressrelease/2016/10/20161027_01.html

スポンサーリンク
カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA